<< 真夜中のカーボーイ | main | ドラムのレッスン6年5カ月目3回目 >>
ドラムのレッスン6年5カ月目2回目
JUGEMテーマ:日記・一般
 





12日の日曜日の午後、レッスンがありました。


チェンジアップ・チェンジダウン、マルチピッチ、16ビートのオープンクローズのいつもの項目は
成長は見られるけど、特に際立つ変化はなしだった。


先生は前日にバックバンドをしている
メジャーデビューしているアーティストのライブが大盛況だったそうで、そのアーティストがいろんなミュージシャンの曲のイントロの部分だけをコミックバンド風にやるので、覚えることが多くて苦労した話をしてくれた。

そんな流れで、人の作った曲を演奏した場合は使用料を払うのか?って話になり、
ジャスラックという機関があるということを教えてくれました。コピバン、音楽教室の発表会であっても原則は使用料を払うことになっていて会場の広さが関係しているということも教えてくれました。(なんだかよくわかんないなぁー)

課題曲のボンジョヴィのyou give love a bad name

先週も、平日の帰宅後の30分の練習を欠かさずしていたので、成果が出ていた。


このバスドラとクラッシュシンバルを一緒に
叩くときには左手にして、
この後、同じようにバスドラとクラッシュが続けて出てくるので
今度は右手を使うようにと以前からアドバイスを受けていた。

理由はこれは見せるフィル・インなので、手順が大事。





こういうフィル・インも初めて経験しました。


ピタッと!合うと気持ちいいんです。


先生にこの曲やっていて楽しくなってきたことを告げると

最初は苦手だって言ってたのにノリノリになってきたんじゃないですか?と笑顔が返ってきました。



11月末~12月初旬にかけて、スティーブ・ウィンウッドが旧友エリック・クラプトンとやってきます!!


かつて観たのはクラプトンはジョージ(ハリソン)と一緒のときスティーブはRoll with itがヒットしていたころだから20年以上前になります。




ライブの詳細はコチラから

二人から東日本大震災への応援メッセージはコチラから
0
    || Drum | 21:36 | comments(0) | trackbacks(2)
    スポンサーサイト
    0
      || - | 21:36 | - | -
      Comment
      コメントする









      この記事のトラックバックURL

      トラックバック
      カリウムと放射能漫筆ですについて紹介しているサイトです。是非参考にして下さい。
      カリウムと放射能漫筆です | 2011/06/23 11:21 AM |
      ここから始まる扁桃腺の治療学習について紹介しているサイトです。是非参考にして下さい。
      ここから始まる扁桃腺の治療学習 | 2011/06/20 12:10 AM |
      ブログパーツUL5